お知らせ

インフルエンザ 新規治療薬ゾフルーザ

2018-03-13

3/14よりインフルエンザの新薬ゾフルーザが

使用できるようになります。

1回の服用で終了のため吸入薬イナビルが使用不能な

患者さんでも治療しやすくなります。

また、作用機序が従来の機序と若干異なるため

効果が期待されています。

当院ではいち早く採用いたしております。

 

インフルエンザ予防接種

2017-09-15

今年もインフルエンザ予防接種の時期となりました。

当院では10月末より本格的な接種予定です。
(予約は必要ありません)

今回も昨年と同様インフルエンザワクチンには1本のワクチンにA型2種類、
B型2種類、合計4種類の抗原が含まれます。

今年も4価ワクチンのため昨年と同様の値段になります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

当院では、65歳未満の方は、成人3500円での接種となります。
65歳以上の方は一律1500円での鹿児島市の補助での接種となります。
また、13歳未満の方は2回接種が必要ですので
1回2500円での接種となります。

しかし今年は厚生省よりワクチン不足の通達がきているため
報道などにより1回接種を希望される方もいらっしゃいます。

ワクチンの効果がえられるか保証はありませんが、
1回のみ接種される方は13歳未満でも3500円での
接種となりますのでご了承下さい。

中学生の方はできればお問い合わせください。

スギ花粉症

2017-05-31

今年はスギ花粉の季節は終了しています。
来年以降に備えての舌下免疫療法を開始できます。
お気軽にお問い合わせください。

ワクチン

2017-05-31

各種ワクチン接種施行しています。

詳細はお問い合わせください。

マイコプラズマの診断

2016-10-12

現在マイコプラズマ感染症が流行しています。

当院では、これまでもマイコプラズマ感染症については
診断キットを用いて数々の診断を行ってきましたが、
今回、インフルエンザなどの早期診断でも実績のある
富士フィルム社より、マイコプラズマ肺炎診断キット
「富士ドライケム イムノAG カートリッジ」を導入いたしました。

インフルエンザウイルスの検出と同様に、
写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術の応用で
検体中のマイコプラズマ高原に反応する金コロイド標識の
周りで銀で増幅させ、標識のサイズを100倍に拡大し、
判定ラインをはっきりとさせるという方法により
より早期の感染を検出できるようにしたとのことです。

当然ながら、現在用いている診断キットより精度も上がり、
より早期の診断が可能になります。

当院ではインフルエンザや、溶連菌の診断でもたくさんの実績がありますが、
当キットをいち早く導入いたしました。

検査料については保険診療ですので、診断料は特に変わりはありません。

早期に診断可能になることで早期治療が可能になりますので
ぜひお問い合わせください。

 

« Older Entries

PAGE TOP

Copyright(c) 2018 くわはたクリニック All Rights Reserved.