減感作療法(アレルゲン免疫療法)について

スギ花粉症を対象とした減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬 減感作療法とは、
アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、

徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法で、下記のような特徴があります。

● アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
● 治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。
● 治療は長期間(3~5年)かかります。
● すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

特に舌下減感作療法は、患者さんが自宅で毎日服薬を続ける治療であるため、起こりうる副作用や その際の対応も含め、患者さんご自身の治療法に関する十分なご理解が重要になります。

当社では、減感作療法に関する正確な情報の普及のため、一般向け情報提供ウェブサイトを開設しております。
減感作療法について詳しくお知りになりたい方は、下記サイトを参考にされて下さい↓

減感作療法に関する正確な情報

PAGE TOP

Copyright(c) 2018 くわはたクリニック All Rights Reserved.