虚血性心疾患

虚血性心臓病とは冠動脈という心臓を栄養する動脈の循環不全で
心筋の一部に虚血を生じ、そのために引き起こす心臓疾患の総称です。
循環器疾患の中でも重要な疾患です。

臨床的な病型としては、狭心症と心筋梗塞が代表的です。
症状としては発作時には前胸部の痛みが典型的ですが、
肩や歯の痛みなどと間違えられ
見逃されることもありますので、
注意が必要です。
狭心症では症状が一過性で消失いたしますが、心筋梗塞では
症状が持続します。
その際は緊急で医療機関を受診することが必要です。

虚血性心疾患の原因としては、最も一般的なものは、冠状動脈の
アテローム性硬化症がありますが、大
動脈炎や塞栓症、
大動脈弁膜症や先天異常が原因となることもあります。

当院では負荷心電図検査や24時間心電図などにより評価を行ったり
近医での冠動脈CT検査のオーダーを行い、施行後は院内にて
十分な説明を行っています。

治療につきましても薬物治療でなく、手術などが必要な場合は
十分な説明を行い、鹿児島県内外を問わず、循環器内科、
心臓外科などへの紹介を行い、最新の治療の
提供を行うようにしています。

PAGE TOP

Copyright(c) 2018 くわはたクリニック All Rights Reserved.