脂質異常症(高脂血症)

血液中のコレステロール値や中性脂肪が高くなったり、
善玉コレステロールが低くなったりしても
脂質異常症にはほとんど自覚症状がありません。
以前は高脂血症と呼ばれておりましたが、善玉コレステロールが
低くても動脈硬化の原因となるため、現在は脂質異常症と
呼ばれます。

脂質異常症を放っておくと、悪玉といわれるLDLコレステロールなどが
血管の内側に
どんどん溜まっていき、アテローム性硬化といわれる
動脈硬化症が進行していくのです。

最近は、中性脂肪が高いと、超悪玉といわれるコレステロールが
特に内膜肥厚を起こすことが言われています。

心筋梗塞や脳卒中などのさまざまな病気を起こしてしまう前に
脂質異常を是正するようにしましょう。

あなたはご自分の脂質の治療目標値を知っていますか?

脂質異常症や高脂血症と診断されたら、いったいどこまで
悪玉コレステロールや中性脂肪値を下げればいいのでしょうか?
既往歴や合併症の有無、年齢などよって、目標にすべき値も異なります。

あなたの治療目標値を正確に確認してみましょう。

当院では頸動脈エコーにて動脈の内膜肥厚の評価などを
行い、動脈硬化性疾患のリスク評価を行っています。

当院では詳しく食事療法や運動療法についても説明を行っています。
患者様に応じたオーダーメイドの治療を心がけています。

自分の現在の目標値が治療目標に達していない場合は、
厳格なコレステロール値の管理を心がけましょう。

PAGE TOP

Copyright(c) 2018 くわはたクリニック All Rights Reserved.