AICS (がんリスクスクリーニング:AminoIndex® Cancer Screening)

2014-12-03

今回はAICSといわれる癌の発症のリスク検査の話です。

AICS(アミノインデックス  がんリスクスクリーニング:AminoIndex® Cancer Screening)とは
世界初となる血液中の各種アミノ酸濃度の約20種類から健康状態や疾病の可能性を
明らかにする技術であるアミノインデックスを活用し、
健康な人と、がんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを
統計的に解析することで、がんに罹患しているリスク(可能性)を
評価する解析のサービスのことです。
がんに罹患している確率を、AICS値(0.0~10.0)を、A(0から5.0未満)
B(5.0以上8.0未満)、C(8.0以上)の3段階で示すのですが
A→B→Cの順でがんのリスクが高くなるといわれています。

最大のメリットとしては
わずか5mlの採血のみで癌のリスクを測定する事が出来ることです。

ある程度進行しないと変化が見られない、腫瘍マーカー検査と違って
早期がんに対する感度が高く、がんの組織型にも左右されないといわれています。
アミノインデックスは少量の血液で短時間に、健康状態を調べられるというメリットがあり
がん以外の疾患についても研究が進んでおり、今後のさらなる発展が期待されているのです。

当院では検査可能となってからすでに数十例の検査を行っており、
実際に検査を行うことで早期発見に繋がった症例もあります。
人間ドックなどは、なかなか忙しくて行けない方などはお勧めの検査といえるでしょう。

もし興味のある方は下記にアクセスしていただくか、当院に直接お尋ねください。

http://www.aa-pri.jp/c00/c01/

PAGE TOP

Copyright(c) 2019 くわはたクリニック All Rights Reserved.