インフルエンザ

2015-01-21

インフルエンザが流行してきています。
2014-2015シーズンでは現在ではA型がほとんどの状況のようです。
昨年と違いA香港型の季節性ですので今後の大流行が
予想されています。

現在、インフルエンザに罹患した場合、治療薬として
タミフル、リレンザ(吸入薬)、イナビル(吸入薬)、ラピアクタ(点滴)の
4種類の治療薬があり、ラピアクタ以外は予防投与も認められています(保険外)

A型は38℃以上の高熱がでることが多く、倦怠感、頭痛、関節痛などを
伴うことが多いです。インフルエンザが疑われたら速やかに医療機関を
受診しましょう。

当院では発熱のある患者さんは定期受診の方と
待合室の場所が異なりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

PAGE TOP

Copyright(c) 2019 くわはたクリニック All Rights Reserved.